泣ける【入れ替わり】ドラマ「宇宙を駆けるよだか」

ドラマ、映画、アニメ




ある日、ふと流れてきたユーチューブの紹介動画。
いつもはさっさとスキップするんだけど、ちょっと流れただけで妙に気になった。

愛されるべきは、外見か、中身か―『宇宙を駆けるよだか』予告編



よくある「入れ替わりもの」なんだけど、私は広告で引き込まれた。


それは、偶然入れ替わったとかコミカルな内容じゃなく、妙な現実味のある怖さ…。
そんなものを感じたからかもしれない。

もめ
もめ

全話一気見しました




実際に見てみて私が抱いた個人的な感想ですが、ご紹介したいと思います。

色んな視点で考えさせられる


仕組まれた入れ替わりなんだけど、どっち側の視点でも深く考えさせられました。


嫉妬、妬み。生まれながらに平等ではない現実


優しい家族、仲良しの友達。帰る居場所。
今まで何も疑問に思わず生活していたであろう主人公の「小日向あゆみ」。

そんなあゆみが入れ替わった「海根然子」の世界は、真逆。
悪口。冷たい視線。散らかった家。


あゆみになりたいと願った「海根」の気持ち。

全く知らない、違う世界を知ったあゆみ。
誰からも理解されない。
荒れ果てた部屋に帰宅し現実を見た気持ちはー?



「中身」か?「見た目」か?



入れ替わったことで、信じてくれる人、くれない人。
気付いてくれる人、そうでない人。
受け入れてくれる人、くれない人。

入れ替わりなんて知らない人ほど、素直に変わる周りの空気感。

もめ
もめ

語彙力ずっとないけど、色んな複雑な気持ちになりました。



見えているものが全てじゃない。

欲しいものを手に入れても…




変わらず感じる苦しい気持ち。暗い気持ち。嫉妬。
それに比べて、同じ体なのに徐々に周りを巻き込んで環境が変わっていく元の自分の体にいる嫉妬の相手。


何が違うんだろう?
見た目が変わっても変わらない自分自身。

「今、幸せ?」



羨ましい。
でも、それを奪って、自分のものになったとして

じゃあそれで「幸せ」になれるのか?

もめ
もめ

どうにもならない報われない気持ちになって、ボロボロ泣きました。



そのままの自分ではわかってもらえない。手に入れたのに満たされない。
一種の「怖さ」も感じました。


火賀くんがずっとかっこいい



猪突猛進で明るくて、クラスに1人はいる人気者のおバカキャラの火賀。
純粋で、信じたものに真っ直ぐ向き合う姿は本当にかっこよかった。

周りからチャカされようが、違うと思ったことならクラス全員に対しても怒ったり自分の気持ちをストレートに言っちゃう所とか。

もめ
もめ

本当に終始「いいヤツ」で笑顔が可愛くてめっちゃかっこよかった。


演技がすごかった


入れ替わりの演技にぞくっとする。

明るくて可愛いあゆみの中に、闇を抱えた然子が顔を見せる時、ほんとうに違和感なくて…

怖い顔の中に、かっこよさもあって素敵だった

ネタバレになるのでこれ以上の言及は控えますが、とにかく4人とも演技にめちゃ感動しました!


「宇宙(そら)をかけるよだか」はNET FLIXで全話見られる


このドラマは、NETFLIXのオリジナルドラマになっています。



他にも、ネットフリックスにはそこでしか見られないドラマやアニメがたくさんあります。
また面白そうなものを見つけたら紹介したいと思います!

原作は漫画(別冊マーガレット)


Netflixで観られるのはドラマですが、原作は漫画です。

もめ
もめ

Netflix登録もしてないし…というかたでも、Kindleなどでも読むことができます。


コメント

タイトルとURLをコピーしました